• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イージェクター解説続き
まずインゼクターを使おうと思ったんですよ。それで流行のインゼクター(俗に言うトップメタですね)を使うとミラーマッチになると安定した勝率を期待するのは難しく、ほかのデッキにもメタられているため、にわかじゃ勝ち進めないと思って、インゼクターに勝てるインゼクターを考えたところ、場に置かなければいいんじゃないかと考えました。
そこで罠をダストシュートだけにして動くときは1ターンキルするという形になりました

そのために大嵐を確実に手札にくわえられるように黄金櫃の採用、罠がないかわりに、相手の展開や攻撃を手札からとめられるようにG、かかしを採用しました。
また、このデッキはかかしや一時休戦などのカードアドバンテージを失うカードが多く積まれています。そこを弱いという人が多く、イージェクターは強い批判を受けました(身内、特にご・そ・ん)。
確かにそうなんですが、このデッキはワンキルするデッキなので、ワンキルさえできればそれまでのアドバンテージが一切なくなるわけです。
そして、重要となるのがテンポアドバンテージ、このデッキのカードアドバンテージを失うカード(二重召喚とかも)に共通していえるのがテンポアドバンテージをかせいでいるってことなんです。
デュエルにはテンポというものが少なからず存在していて、それをずらされるのは相手にとって非常にやりにいくいはずです(現にフリーや大会とかでも一時休戦は大活躍でした。かかしは…)。

例えばこちらが黄金櫃を発動すると相手がこちらをカードが加わる前に倒そうとしますよね。
そのときに2ターンに分けて倒そうとするはずです。(手札が強かったらやられちゃうけどね)
そこでかえってきたターンに一時休戦を発動すると、相手は大嵐などが手札に加わるのを指を加えて見ることしかできません。
こういうテンポをずらしたトリッキーな戦い方、それがイージェクターの実態です

まあ慣れられてしまえば勝率はぐんと下がりますが(慣れているけふぃあにはそんなに勝てないけど、初見だったHさんにはかなり勝ったのがいい例です)、今回のデッキはコナミトーナメントを意識してのデッキだったからそういう初見殺しの色が強くていいと思いました

ただナチュルビースト、シエンがだされると非常にきついんですね。
結果的にはカラクリはともかく六武衆はいないだろと考えて行ったら見事に六武衆とあたってやられたんですけど…
でもデッキとしての完成度はすごく高いと思います。次元ラギアとかにも勝てるし。
気になる人は是非作ってみてください


では~~
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 EJの遊戯王とポケモンのブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。